蛭間拓哉 | 年度別成績・年俸推移・故障歴

ライオンズの新しい時代の幕開けを告げる蛭間拓哉選手の入団

蛭間拓哉

2022年ドラフト1位で指名された蛭間拓哉選手は間違いなく即戦力ルーキーであり、近い将来ライオンズのクリーンナップを担う逸材だ。本人はホームランバッターではないという自覚を持っているようだが、しかし少なくとも20〜30本塁打程度は打てる打者になるだろう。

しかしホームランを狙いに行かないと公言している点には非常に好感を持てる。バッターはホームランを狙いに行くとスウィングが遠回りするようになり、必ず打率が低下してしまう。だが蛭間選手のようにホームランは狙わず、しっかりと反対方向を意識したバッティングを続けていれば安定した打率を残すことができ、ヒットの延長としてホームラン数を増やしていくこともできるだろう。ちなみに筆者は蛭間選手のバッティングには、トニー・グウィン選手のような印象を持っている。

ライオンズジュニアだった蛭間選手にとって、ライオンズは第一志望の球団だった。しかも浦和学院時代のチームメイトである渡邉勇太朗投手とも再び同じユニフォームを着ることになった。渡邉投手はまだまだ一本立ちできていないわけだが、蛭間選手と共闘することで来季は二人一緒に1軍で活躍してもらいたい。

渡邉投手が投げて、蛭間選手が打って勝つライオンズを早く見たいのは当然筆者だけではないはずだ。ライオンズの新しい時代の幕開けを感じさせてくれる存在、それが蛭間拓哉選手だ。近年レギュラーが1人もいなかったライオンズの外野陣ではあるが、蛭間選手が加入したことによりセンターラインが安定する可能性が高まった。

そしてセンターラインが安定してくればライオンズの戦いそのものにも安定感が出て、2023年は常時首位争いを繰り広げられるようになるだろう。

蛭間選手は開幕スタメンに名を連ねたとしても基本的には下位打線となると思うのだが、しかし優勝争いを繰り広げる後半戦に蛭間選手がクリーンナップを勝ち取っていれば、ライオンズの2008年以来の日本一もグッと近付いてくるはずだ。そのためにも蛭間選手には個人タイトル以上に、チームバッティングを優先させられる主砲として成長していって欲しいというのが筆者の切なる願いだ。

⚾️ 筆者:Kaz@Twitter

THE埼玉西武ライオンズガゼット

出身地 群馬県桐生市 生年月日 2000年9月8日
身長体重 176cm / 85kg 投打
ポジション 外野手 プロ入り 2022年ドラフト1位
小学校 ライオンズジュニア 中学 前橋桜ボーイズ
高校 浦和学院高校 大学 早稲田大学
ウェブサイト SNS Instagram
故障歴
年度別打撃成績
年度 球団 背番号 年齢 推定年俸 契約年数 試合 打席 打数 得点 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 盗塁死 犠打 犠飛 四球 敬遠 死球 三振 併殺打 打率 出塁率 長打率 OPS 得点圏 失策 年度
2023 西武 9 23 1,600万円 1 2023
通算 通算
年度 球団 背番号 年齢 推定年俸 契約年数 試合 打席 打数 得点 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 盗塁死 犠打 犠飛 四球 敬遠 死球 三振 併殺打 打率 出塁率 長打率 OPS 得点圏 失策 年度
太字はリーグ最高

タイトル&表彰

主な出来事

2022年11月30日
契約金1億円、年俸1,600万円+インセンティブ、背番号9で入団合意
2022年10月20日
ドラフト会議でライオンズから1位指名を受ける