タグ「松井稼頭央」が付けられているもの

以前西武球団から記事の非公開化を依頼された筆者

山川穂高選手を名指しし改善を求めた松井稼頭央監督のチーム改革

松井稼頭央監督の言葉を聞いていると、近年ライオンズに足りていなかったことがよく見えてくるし、筆者がこの場に書き残してきた、ライオンズに対する数々の厳しい内容の記事も間違っていなかったと確信することができる。やはり近年のライオンズは、CSやペナントレースで負けるべくして負けていたと言って過言ではない。

ところで、各紙スポーツ紙が必要以上にチームや選手に対して厳しい記事を書くことはない。例えば有名どころでいえば日刊スポーツ、SANSPO、スポニチなど多数のスポーツ紙が存在しているわけだが、必要以上に厳しい記事を記事を書いてしまうと球場を出禁にされたり、球団から情報を最速で受け取れなくなる可能性があるため、基本的には球団が提供した情報内からしか記事は書かないし、そこには確実に忖度が存在している。

実は筆者は以前Baseball Times(BT)でライオンズに関するコラムを連載していた際、球団が公式には認めていないある真実について書いたことがあった。しかしそれは今流行りの暴露など悪意ある内容ではなく、当時のライオンズについての真実を冷静な文脈で書き記したもので、ライオンズ愛あるが故の記事であり、その記事は当時他の筆者の連載記事と比較し、桁外れのアクセス数を記録していたようだ。

だが西武球団からその記事に対してNGが入ってしまい、残念ながらその記事は公開間もなくお蔵入りとなってしまった。ただしその記事に書かれていた内容に対して西武球団から否定は入らなかった。

筆者はこのような経験をしているため、真実だからと言ってあまり必要以上書くことには気をつけている。そのため筆者が知る選手に関する情報も、差し障りのないもの以外は公になっていること以外は書かないようにしている。だがプレースタイルに関してはその限りではないと考えているため、特に主砲山川穂高選手に対しては厳しい記事を多数書いてきた。

読者の中には「この筆者は山川選手が嫌いなのかな?」と思われた方もいたかもしれない。だがそうではない。ライオンズの主砲として心から応援しているからこその記事だった。それをよく理解していただきメッセージをくださる読者もいらっしゃったことは書き手冥利に尽きる。

さて、ここまでは何となく言い訳がましく書いてきたわけだが、すべては筆者が多くの記事で山川選手に対し指摘してきたことを、松井稼頭央監督が正式に口にしてくれたことを伝えるための前置きだった。

主砲山川穂高選手にも容赦しない松井稼頭央監督のチーム改革

松井稼頭央監督は山川穂高選手に対し、気を抜くべきではない段階では決して気を抜かないことや、チームプレーを重視することを指摘し続ける旨を宣告した。これはまさに筆者がこのサイト内で山川選手に対し指摘し続けていたことだ。

松井稼頭央監督はそのようなことを山川選手に対しても「しつこく言い続ける」と仰っている。その話題の中で出てきた個人名が山川選手の名だけであることから、松井稼頭央ヘッドコーチが如何に主砲に対して物足りなさを感じていたかがよく分かる。

山川選手はライオンズの主砲で、チームの顔でもある。その山川選手に対し松井稼頭央監督は「走り切る」「最後までやり切る」ことを求めている。つまりこれは、山川選手がこれまでグラウンド上で気を抜いたプレーを度々見せていたということに他ならない。

ライオンズには、とにかく最後までしっかりとプレーし切るという伝統があった。栗山巧選手中村剛也選手まではその伝統が続いていたのだが、世代が山川選手へと移り変わっていくと、いつの間にかその良き伝統が薄れていってしまった。

ライオンズにあった良き伝統を再興させようとしている松井稼頭央監督

栗山巧選手と中村剛也選手はまったく異なる個性を持っている。中村剛也選手に関しては非常にマイペースに見えるし、時として抜いているように見えることもあるのだが、実際にはそうではない。中村選手の場合、その時々で自分がやるべきことと、自分の体に必要なことがしっかりと分かっているのだ。そのためやる時はやるし、やるべきではない時には周囲からはペースが落ちているように見えることもある。つまりこれはオンオフにメリハリがあるということだ。

一方の栗山選手はとにかく練習の虫だ。誰よりも早く練習場に現れ、誰よりも遅くまでバットを振り続けている。本人は否定するが、本当にストイックという言葉がよく似合う選手だ。ユニフォームを着ている限り決して気を抜くことがなく、だからこそマウンドから遠いレフトを守りながらもかつては主将を任されていた。

栗山選手と中村選手はまさに他の選手にとってお手本となる存在であり、松井稼頭央監督は山川選手に対してもそのような姿を見せるよう求めている。そして松井稼頭央監督と一心同体とも言える平石洋介ヘッドコーチも「今までのライオンズとガラッと変えていかないと来季も苦戦する」と仰っている。

秋季練習から秋季キャンプにかけての松井監督・平石コーチの言葉を聞いていると、これまでのライオンズを引き継いでいくのではなく、しばらく勝てていないライオンズを根本から変えようとしていることがよく分かる。

ウォームアップ一つを取っても、全体でのウォームアップでその日初めて体を温めるのではなく、全体でウォームアップする際にはもうしっかりと体が出来上がっていて、ウォームアップの段階からキビキビと動いている姿をファンに見せられるよう、毎日準備しておくことも同時に求めている。

一部では、今季ヘッドコーチを務めていた松井稼頭央監督は、ある程度の指揮を任されていたと囁かれていることもあったが、筆者はそうは思っていなかったし、松井監督や平石コーチもそれを完全に否定している。だがどうやら松井監督と平石コーチは今季1軍ベンチ中で、ライオンズがなぜしばらく勝てていないのかという原因を一年かけて洗い出していたようだ。

そのため監督就任と同時に、松井監督の口からは次々と具体的な改革案が飛び出してくる。山川選手に対する物足りなさや、チームプレーが足りていなかったチーム状況もまさにそうで、松井監督は今、ライオンズがしばらく勝てていなかった原因をしらみ潰しにしていっているように見える。

森友哉捕手の残留に対してもプラスに働くであろう松井稼頭央監督のチーム改革

森友哉捕手に関しても当然そんな松井稼頭央監督の新たなやり方を目の当たりにしているはずだ。近くで山川選手が松井監督に何かを言われている姿も見ているだろう。そして筆者は思うのである、森捕手がそこに来季への手応えを感じているのではないだろうかと。

大阪出身で、かつてオリックスジュニアとしてプレーしていた森捕手が、大阪の球団でプレーする希望を持っていることは周知の事実だ。だが同時に抱えているのもライオンズ愛であり、今森捕手は松井監督のやり方を目の当たりにし、この監督について行けば優勝できると感じて始めているのではないだろうか。

プロ野球選手にとって最も重要なのは、やはり所属球団が優勝できるか否かだ。仮に大阪でのプレーを希望していたとしても、オリックスがかつてのように最下位の常連のままであれば、森捕手もFA移籍先としてオリックスに魅力を感じることはなかっただろう。

だがこの2年のオリックスはリーグ二連覇を達成し、今季は26年振りの日本一も達成している。しかもそのバファローズを率いるのはかつての名捕手中嶋聡監督だ。そのためこのチームが現在森捕手にとって非常に魅力的に映っていることはよく理解できる。

しかしライオンズには森捕手が慕う岡田雅利捕手もいるし、自宅もご近所同士という仲の良い山川穂高選手の存在もある。しかも今オフは以前共に自主トレをしていた佐藤龍世選手もライオンズに出戻った。良きチームメイトに恵まれ、そしてチームは今松井稼頭央監督の下ガラッと変わろうとしている。

森捕手は今、ライオンズが勝てる集団に変わろうとしているのをひしひしと感じているはずだ。これはFA交渉でどんな好条件を提示されるよりも、残留への好材料となるはずだ。

かつて多くの選手がFA移籍先としてジャイアンツを選んだ理由

例えばかつてはFA宣言をする多くの選手が移籍先にジャイアンツを選んでいた。これは単純にジャイアンツというチームが日本一に非常に近い場所にいたからだ。また、ジャイアンツに所属していたという履歴が引退後のバリューとなるため、それを求めてジャイアンツへの移籍を選んだ選手も少なからずいた。

だが高橋由伸監督から第三次原政権にかけての7年間では、リーグ優勝は二度経験しているが、日本一にはなっていない。ジャイアンツが最後に日本一になったのは2012年が最後で、しかもそれ以降でセ・リーグ球団が日本一になれたのも昨季のスワローズのみだ。

一昔前のジャイアンツは頻繁に優勝していたわけだが、今の選手たちの目にジャイアンツは優勝できるチームという風には映っていない。そのため近年のジャイアンツはFA戦線でもあまり奮わないし、FA補強自体も成功率が非常に低くなっている。

このように選手が優勝することを求めているという前提で考えれば、今松井稼頭央監督の下でガラリと変わろうとしているライオンズは、森捕手の目にも非常に魅力的に映っているはずだし、気持ちも少なからず残留に対して傾いているはずだ。

2023年への助走期間だった2022年のライオンズ

そしてそのようなチーム改革も、平石洋介コーチという後ろ盾なくして実現は難しかったと思う。同じPL学園出身で、イーグルスでも同じユニフォームを着ている松井監督と平石コーチは、まさに監督とヘッドコーチという関係としてそれぞれが適任だった。

さらに今季は辻発彦監督の下、松井監督と平石コーチは一年間かけてじっくりとライオンズというチームを見ることができた。現在のライオンズの強みと弱点を内側から見ることができ、これはまさに2023年シーズンへのこれ以上にない準備期間だったと思う。

また、奥村剛球団社長も今季もし優勝していたとしても辻監督は勇退する予定だったという趣旨のコメントもしているため、フロントとしても今季は2023年への準備期間だという認識だったのだろう。もちろん表向きにも実質的にもライオンズは優勝を目指していたわけだが、フロントしては2022年は、分かりやすくなるよう大変失礼な言葉を使うならば、優勝してくれれば儲けものというくらいの意識があったのかもしれない。

そのため補強に関しても決して満足できるような内容ではなかった。外国人選手に関してはエンス投手は10勝を挙げて大きく勝利に貢献してくれたが、打つ方に関しては全滅だった。オグレディ選手に関しても残留の可能性はあるが、仮に残留したとしても今季推定8,000万円という年俸が1億円の大台に乗ることはないだろう。

恐らく今オフはもっとホームランを打てる外国人選手の獲得を目指すはずだ。これは一年ほど前にもこの場で書いたことではあるが、外国人選手にユーティリティー性を求める必要はない。外国人選手はある程度安定感のある守備力さえあればポジションは固定して、打つことにより多くの集中力を使わせるべきだ。

もしくはDHでバッティングだけに専念させるくらいの起用法も必要だと思う。そして理想を言えば平時は栗山選手と中村選手は、年齢的にも代打の切り札として起用していきたいため、外国人選手のためにDHを使い切ってしまっていいと思う。

松井監督と平石コーチがチームを改革し、渡辺久信GMが本当に打てる外国人打者を連れてくることができれば、来季ライオンズが優勝する可能性は非常に高くなるだろう。そして森捕手自身も、自らが残留すればその可能性がより高まることを今実感しているはずだ。

森捕手が残留に向けて気持ちが傾いていくようなチーム改革をしている松井稼頭央監督は、ファンの予想を上回る名将となる可能性が高い。筆者が個人的にここまで新監督に対し期待を膨らませるのは、2007年オフに渡辺久信監督が就任した時以来だ。だから来季はライオンズは優勝するとは言わないが、しかし筆者個人にとっては、来季のライオンズは安定して勝てるチームに生まれ変わることを確信できた秋となった。

仮に打率.000だったとしても1軍に置いておく価値のある山野辺翔選手

打率.000だったとしても1軍に置いておく価値のある山野辺翔選手

ユーティリティープレイヤーだった熊代聖人選手が現役を退き、その後継者はどうやら山野辺翔選手が務めていきそうな雰囲気だ。野球というスポーツは四番打者が9人集まっても勝つことはできない。それぞれが異なった役割を持つ9人に加え、その9人をバックアップする役割を担う選手がいることにより、初めてチームは一つの和となる。この和をなかなか作れなかったのが辻発彦監督時代のライオンズだった。

デーブ大久保コーチのようになれるであろう熊代聖人コーチのポテンシャル

メジャーリーグのように圧倒的な力を持った9人が集まればまた話は別なのだと思うが、しかし日本人選手の体格ではメジャーリーガーに太刀打ちすることはできない。それでも仮に個と個ではなく、個に対し和で戦うことができれば、かつてのWBCのように屈強な選手たちを相手に日本チームが勝つこともできる。

とは言えば屈強な選手たちが集う他国のチームが和したとしたら、これは日本人選手では本当に太刀打ちできなくなってしまうだろう。だがそのような場面はWBCやオリンピックなどの国際試合でしか起こることはなく、NPBのペナントレースでは最下位のチームであっても首位チームをスウィープすることは可能だ。

ここまでの松井稼頭央監督の言動を注意深く見守っていると、松井監督は一流選手を中心に勝つ野球からは少し距離を置きそうな空気を醸している。最近6年間のライオンズは、特にリーグ二連覇をしたあたりからは山川穂高選手森友哉捕手の打力に頼った点の取り方を見せることがほとんどだった。そのため主力の調子が良ければチームは勝てるのだが、主力が調子を落とすとそのままチームも下降線を辿ってしまう傾向が強かった。

辻監督以上に明確な指令を繰り出している松井稼頭央監督

松井稼頭央監督ももちろんそのようなライオンズの姿を、2軍監督時代から見続けていた。そのため辻監督時代と同じことをしていてはもう勝てないということも念頭にあるように見える。辻監督から松井監督に代わって筆者が特に感じたことは、辻監督は選手を信頼し、比較的選手任せにすることが多かった。だが松井監督は秋季練習の段階からどんどん明確な指令を繰り出している。

その一つが山野辺選手の起用法だ。山野辺選手は社会人出身の来季5年目の内野手であるわけだが、ここまでは通算117試合の出場で、27安打で打率.189という数字に留まっている。来季29歳という年齢を考えると、打撃に関しては何かを大きく変えなければこの数字が大きく変動することはないだろう。

正直なところ、松井監督も山野辺選手に対しては口では決して言わないものの、打撃成績においてはそれほど期待はしていないと思う。もちろん打って欲しいとは願っていると思うが、しかし冷静さを求められる監督としては山野辺選手に対し打撃成績は求めていないはずだ。

しかしそれでも山野辺選手には熊代聖人選手のようにプロ野球選手としての生きる道がある。仮にヒットを1本も打てなかったとしても、山野辺選手は今、熊代選手のようにバッテリー以外のすべてのポジションを守れるように準備をし始めている。これはまさに松井稼頭央監督の指令によるもので、山野辺選手も春季キャンプまでには内外野用のグラブに加え、ファーストミットも準備してくるようだ。

もちろん山野辺選手にもたくさんヒットを打って欲しいわけだが、しかし仮に1本も打てなかったとしてもこのように守備でチームを助け、ピンチバンターとして確実に走者を送り、代走として一つでも先の塁を陥れる果敢な走塁を見せることができれば、仮に打率.000だったとしても1軍のベンチに置いておく価値は非常に高くなるし、年俸だって上がって行くだろう。

鈴木将平選手と山野辺翔選手に対し一塁練習を指示した松井稼頭央監督の意図

さて、松井稼頭央監督はこの秋季練習中、鈴木将平選手と山野辺翔選手に対し一塁の守備にも対応できるようにと指令を出した。これは一体何を意味するのだろうか?もちろんこの二人に対し、山川選手の存在を脅かせと言っているわけではない。当然だがこの二人には山川選手ほどホームランを打てる能力はない。

だとすれば考えられることは、近年の山川選手が頻繁に怪我をしていたという点だ。特に足首など下半身の怪我が多く、二連覇したシーズン以降、全試合出場や、それに近い出場数に至ることはなかった。松井監督の頭の中では、来季31歳となる山川選手はさらに怪我のリスクが高まることを想定しているのではないだろうか。

そして山川選手は守備力は高くはない。僅差で勝っているゲームで、残りイニングで山川選手に打順が回る可能性が高くはない場合、もしくは回すことを想定せずに逃げ切りたい場合、7〜8回くらいに山川選手に代え、守備力のある一塁手を置くことを想定しているのかもしれない。

森友哉捕手に対しても無視することはできない守備固め

常勝チームを作るにあたり、守備固めができるか否かは非常に重要だ。これは内外野の守備はもちろん、捕手にも同じことが言える。例えば打力という要素を除外した場合、森友哉捕手が今ライオンズで一番捕手としての能力が高いかと言えば、そうとは言い切れない。

もちろん出場試合数を鑑みれば森捕手の捕手力が他者を圧倒していなければならないわけだが、岡田雅利捕手や柘植世那捕手と比較した時、圧倒しているかと言えばそうではない。そのためもしパスボールやワイルドピッチを防ぐ能力が岡田捕手や柘植捕手の方が優れているのであれば、守備固めとして終盤は森捕手から代えて行く場面も来季は増えるのではないだろうか。そしてこのような起用法が森捕手の疲労度を軽減させ、常に森捕手を良いコンディションで起用できることにも繋がって行く。

ただ岡田捕手に関しては来季は34歳で、肩の衰えが気になり始める頃だ。それでもリード面ということで見ると、この3捕手の中では岡田捕手のリードが最も安定しており、上手く投手をリードして見えることが多かった。そのため理想的なのは数年後には岡田捕手が兼任コーチとして1軍ベンチで森捕手と柘植捕手を支える態勢なのかもしれない。

ただのイケメン監督ではなかった策士松井稼頭央監督

松井稼頭央監督は着々とチーム改革を進めている。主力に対しては各自責任を持ってやらせながらも、一軍半の選手に対してはどんどん具体的な指令を出して行っている。

辻監督は優しい方であるため、選手個々を総合的に伸ばしてあげようとしているように筆者には見えていた。分かりやすく言えば、全選手に対してレギュラーを獲れるように指導されているように見えていた。これはまさに親心であり、選手としてはとても嬉しいことだと思う。だがライオンズというチームを勝たせるという意味では、時としてこの親心が邪魔してしまうことがあったのかもしれない。

一方松井稼頭央監督の場合は選手とはさほど年齢が離れていないこともあり、親心というものが芽生えるような段階ではない。そのためライオンズというチームを勝たせるために必要なピースをピンポイントで挙げ、そこをしっかりとカバーして行くという指導法を取っている。

辻監督の親心は、2軍監督であれば好々爺的にもっと生かせたかもしれない。しかし育成以上に勝利が求められる1軍では親心が時として仇となってしまう。これはもちろん起用法の話ではなく、まだ育成法の話だ。辻監督がもし選手たちを全体的にではなく、もっとスペシャリストを育成する方向で指揮を執っていれば、ライオンズの戦いはもっと違ったものになっていただろう。

例えば日本一にはなれなかったものの東尾監督時代にはAKD砲はすでに解体されていたが、橋本武広投手、清水雅治選手、河田雄祐選手というスペシャリストがいた。そして伊東勤監督時代には福地寿樹選手というスペシャリストがいた。黄金時代のようにレギュラー全員がスペシャリストであるのが理想であるわけだが、現代野球でそれは難しい。そうなるとやはり如何にしてスペシャリストを育て、上手く起用していけるかが安定して勝つための一つの鍵となって行く。

そして今松井稼頭央監督は、山野辺翔選手に対しスペシャリスト化を求めている。そして今季のチーム60盗塁はリーグ最少で、これは1997年に松井稼頭央選手一人で走った62盗塁をも下回る。この盗塁数の改善にもすでに着手しており、代走要員としてはイースタンリーグで盗塁王を獲得している山野辺選手に足でもスペシャリスト化することを求め、今季は10盗塁に留まった外崎修汰選手に対しても盗塁数を増やすようにすでに指令を出している。

このように松井稼頭央監督は場面を想定したスペシャリスト育成と、走塁改革にすでに着手しており、レギュラー奪取に至らなかった選手たちはそこに対応しようと秋季練習に励んでいる。まだ表立って結果が出てくるような段階ではないが、ここまでに関しては、松井稼頭央監督のチーム改革は着々と進んでいるように見える。

かつてのライオンズには、しょうもないエラーをした選手は主力であってもベンチに下げられてしまうという厳しさがあった。だが渡辺久信監督の頃からはそれによって反発しそうな世代の選手も増えてきたことから、多少のミスには目を瞑る寛容力が求められるようになってきた。だが実際指導者側からのプレッシャーにより反発し問題を起こした投手も渡辺監督時代には出てしまった。

山川穂高選手にかかる松井稼頭央監督からの無言のプレッシャー

ミスを取り戻すチャンスを与えるという寛容力は絶対に必要だと思う。しかしそれと同時にミスはミスとしてしっかりと反省させる厳しさも勝つためには必要だ。ミスを取り返すチャンスは翌日以降に与えれば良いと思う。そういう意味では主砲の山川選手であっても、しょうもないエラーをしたならば即山野辺選手や鈴木選手に出番が回ってくるような厳しさが来季以降は求められる。

松井稼頭央監督が山野辺選手や鈴木選手に対し一塁の守備にも対応するように指令を出したことは、当然山川選手の耳にも入っているはずだ。ここで万が一にでも山川選手が「俺はホームラン王になった」と高を括ってしまったとしたら、山川選手の起用法は今季までとは違うものとなって行くだろう。

だが山川選手が松井監督からのこの無言の圧力を意気に感じ、もっと守備力やチームバッティングの面でのスキルアップを目指したならば、山川選手はきっと背番号に相応しい真の四番打者として認められるようになるだろう。そして山野辺選手や鈴木選手に一塁の守備練習を求めたのは、これはつまり松井稼頭央監督から山川選手に対する、「ホームラン王でも気を抜いたプレーをすれば容赦しないぞ」という無言のプレッシャーなのだ。

そしてこれまではあまり見せることがなかった山川選手の和に対する意識を目覚めさせるためにも、山野辺選手と鈴木選手の一塁手としての準備は効果を生み出すと思う。こうしてここまでの松井稼頭央監督の言動を見ていると、思った以上に策士なのだなという印象を筆者は抱いている。どうやら松井稼頭央監督はただのイケメン監督ではなく、勝つための戦術をかなり豊富に引き出しに溜め込んでいる知将であるようだ。

もうすでにライオンズは今季までとは違うチームになりつつある。自らの意図を時間をかけて選手に丁寧に伝えて行く姿は秋季練習でもすでに見られており、そのような松井稼頭央監督の姿勢は、短期間でライオンズを勝てるチームに変えてくれそうな雰囲気がある。

辻監督のことは筆者も大好きだったが、しかし今はそれ以上に松井稼頭央監督が仕掛ける新たなライオンズの姿を早くベルーナドームで見てみたいという気持ちが非常に強い。来春はWBCの影響で開幕はやや遅れそうだが、今からその開幕戦が楽しみで仕方がないとすでにうずうずしているのは、きっと筆者だけではないはずだ。

明確なヴィジョンを示せなかった辻監督と、明確に示した松井稼頭央新監督

20221023.jpg

今季まで監督を務めた辻発彦監督は、本当に良い人という言葉がよく似合う監督だった。例えばかつてヤクルトスワローズを率いた関根潤三監督は、見た目は本当に優しそうなのだが、実際は激情型というギャップの大きな監督だった。だが辻監督は見た目も優しく、そして実際にも優しい方だった。このような方は1軍監督よりも、もしかしたらファームで好々爺として指導に当たった方がその人柄を生かせるのかも知れない。

その辻監督の後任を務めるのは、既定路線通り松井稼頭央新監督だ。これはあくまでも筆者個人の印象なのだが、辻監督はあまり明確なヴィジョンを示さない監督だったように思う。渡辺久信監督はNo Limit打線を組みながらも「ディフェンスを中心にした野球を目指す」というヴィジョンを常々口にしていた。だが辻監督からはこのような明確なヴィジョンが示されたことは少なかったように思う。

もちろん辻監督としてもセンターラインを中心にし、ディフェンスで勝てる野球を目指していたとは思うのだが、しかし実際には山賊打線という言葉ばかりが独り歩きしてしまい、辻監督が本当にやりたかった野球は6年間でできなかったように筆者の目には映っていた。

渡辺久信GMも時々、山賊打線という言葉を払拭するためのコメントを出したりもしていたが、しかしメディアやファンの間では山賊打線という言葉がどんどん独り歩きしていってしまい、チーム全体もその言葉に引っ張られるようにオフェンス中心の野球をすることが辻政権の最初の5年間だった。

だが松井稼頭央監督は就任と同時に、山賊打線をフィーチャーするような言葉は一切使わず、足を絡めたスピード野球を目指すというヴィジョンを明確に示して来た。この宣言は監督として本当に良いやり方だったと思う。ここで最初に宣言しておけば、メディア側も「来年は今までとは違った野球が見られそうだ」という印象を受け、山賊打線という言葉から少し遠ざかってくれるようになるだろう。

渡辺久信GMが山賊打線という言葉からチームを卒業させたがっていたということは、辻監督だってそうだったはずだ。だが辻監督はそのヴィジョンを自ら明確な形で示すことがほとんどなかったため、チームは山賊打線というインパクトのある言葉に流されていってしまった。その結果辻監督が本当にやりたかった野球ができなかったのではないかと、筆者は想像していた。

松井稼頭央監督のヴィジョンに沿って動き始めた選手たち

しかし明確な形でヴィジョンを示した松井稼頭央監督のやり方は上述の通り良かったと思う。このやり方は早速効果を生み出しており、スピード野球に対応するために鈴木将平選手は体重を5kg落とすことをこのオフの目標に掲げている。鈴木選手は今季はウェイトアップによる打撃向上を目指したわけだがそれは結局上手くいかず、打率を上げられなかっただけではなく、持ち味だったスピードも失ってしまった。

だが松井稼頭央監督が最初に明確にヴィジョンを示したことにより、秋季練習の段階でもうすでに選手たちが松井監督が向かせたい方向を向き始めている。これはキャプテン経験のある監督特有のやり方だと言えるだろう。現役時代にキャプテンシーがあった監督は、選手たちに対し方向性を示すのが非常に上手い。そのため選手たちも迷いなく向かうべき方向を知ることができる。

東尾野球を継承していくのであろう松井稼頭央新監督

松井稼頭央選手は、東尾修監督の元で花開いた選手だった。そしてその東尾監督は、まさに明確なヴィジョンを示して巧みに選手を牽引した名将だ。90年代後半のライオンズをご存知のファンであれば、Hit!Foot!Get!というスローガンを覚えていると思う。これはまさに明確なヴィジョンだった。

ヒットで出塁したら足で塁上を引っ掻き回し、相手の隙をついて得点していく。これがHit!Foot!Get!の意味だった。東尾監督が目指したのはとにかく相手バッテリーが嫌がる野球だったわけだが、それがすべて込められていたのがこのスローガンだった。そしてこのように明確なヴィジョンを示してもらえると、選手たちも非常にやりやすくなる。

当時のライオンズの主砲は鈴木健選手とマルちゃんことドミンゴ・マルティネス選手だった。マルティネス選手には長打力があったが、鈴木健選手はホームランを打つというよりは、繋ぐ四番打者として多くの打点を挙げていった。

1番松井稼頭央選手が出塁すればすぐさま盗塁し、2番大友進選手が進塁打を打ち、そして3番高木大成選手で得点を挙げていく。3番までで得点できてしまうため、鈴木選手もそれほど気負うことなく打席に立つことができ、ホームラン数は少ないながらも非常に多くの打点を稼いでいった。

松井稼頭央監督の頭の中には、この時の野球が染み込んでいるはずだ。長打力はなくても得点力が高いチーム、これこそが松井稼頭央監督が目指している野球なのだ。

そして東尾野球ということであれば、豊田清投手コーチ、西口文也2軍監督、小関竜也2軍コーチらはまさに東尾チルドレンであり、松井稼頭央監督のヴィジョンを100%理解できるコーチたちだ。そういう意味では2023年の組閣は本当に良い形に収まって来たように見える。

ヘッドコーチとなる平石洋介コーチに関しても全面的に松井稼頭央監督のヴィジョンを尊重していってくれそうなため、東尾野球とは無関係だったコーチではあるが心配はいらないだろう。そこはPL学園の絆で何事も上手くいく気がする。

明確なヴィジョンを示して来たライオンズの歴代の名将たち

辻監督はもっと心を鬼にしてでも、明確なヴィジョンを示し続けるべきだったと思う。しかしあまりそういうことをしなかったため、選手たちが個に走るケースが非常に多かった。「自分が活躍すればチームは勝てる」という趣旨のコメントを口にする選手も少なくなかった。だが野球というスポーツはそうではない。4番打者を9人集めても、エース格をブルペンに揃えられても勝てるチームを作れるとは限らない。

逆に一流選手がほとんどいなかったとしても、二流選手の個性を上手くつなぎ合わせて超二流に仕立て上げ、万年弱小球団を優勝に導いた監督がいた。筆者が最も尊敬している野球人である三原脩監督だ。三原監督は勝ち方も、勝たせ方もよく知っている監督だった。ちなみにその三原脩監督の弟子とも呼べる監督だったのが、故仰木彬監督だった。

球団が西武となり、根本陸夫監督の後任を務めた広岡達朗監督は、徹底した管理野球で西武ライオンズを初の優勝に導き、黄金時代を切り開いていった。この管理野球に反発する選手もいたわけだが、しかし結果を出したことによりその反発を押し退けた。

そして森祇晶監督はとにかくミスを減らし、緻密な野球を目指していた。そしてそのヴィジョンもしっかりと選手たちに伝わっており、グラウンドで気を抜く選手はいなかった。逆に日本シリーズで気を抜いたクロマティ選手が見せた緩慢なプレーの隙を突いたのが辻発彦選手の伝説の走塁だった。

黄金時代も終焉を迎えて森監督の後任を務めたのが東尾修監督だった。東尾監督も上述したようにしっかりとヴィジョンを示した監督だ。しかし東尾監督に続いた伊原春樹監督は「自分は伊東勤監督誕生までの繋ぎ役」というスタンスを先行させてしまい、東尾監督が築いた礎によりリーグ優勝を果たすことはできたが、伊原監督と対立してライオンズを去った選手もいたほどだった。

ライオンズの黄金時代、もしくは毎年のように優勝争いに絡んでいた頃というのは、とにかく各監督が明確なヴィジョンを示していたのだ。それにより選手全員が同じ方向を向いて野球をすることができていた。だからこそBクラスに転落することがなかったのだ。

松井稼頭央新監督は、東尾監督が如何にしてチーム全体に同じ方向に向かせたのかをまさに間近で見て来た監督だ。もちろん東尾監督ほど喋るのが得意な監督ではないわけだが、それでも就任したのと同時に選手にもしっかりと伝わる形でハッキリとヴィジョンを示したのは本当に良かったと思う。

ファンとしてはもちろん打ちまくる山賊打線をもっと見たかったと思うのだが、しかし山賊打線では勝てないということは辻監督の6年間ですでに証明されている。それに早くから気付いていたからこそ渡辺久信GMも脱山賊打線を目指していた。

選手に求められるのは松井稼頭央監督が目指す野球への対応力

いずれにせよ松井稼頭央新監督の船出は上々だと思う。これだけヴィジョンを明確に示せていれば、松井稼頭央監督が目指す野球に対応できなければ誰であろうとレギュラーにはなれないというメッセージはしっかりと伝わっていく。そしてもう実際にそこに対応しようとし始めている鈴木選手のような存在もある。

今後鈴木選手のように、松井稼頭央監督が向かせたい方向を向いて野球に取り組む選手が増えてくれば、来季のライオンズはかなり安定した戦いができるのではないだろうか。少なくともBクラス落ちを心配するようなチームにはならないはずだ。

しかし優勝ということになってくると、せめて絶対的エースと真の四番打者のどちらかでも作っていかなければならない。それが誰になるのかはまだ分からないし、外国人選手に期待していく可能性だってあるだろう。だが投打どちらか一人でも作ることができれば、優勝という文字がグッと近づいてくるはずだ。

おそらく来季は、山賊打線という言葉が使われることはほとんどなくなるだろう。逆にもし山賊打線という言葉がまだ独り歩きしているようであれば、松井稼頭央監督のチーム作りは上手くいかなかったということになる。だがもちろんそうはなって欲しくはない。来季のライオンズ打線は今季までとは異なり、少ないヒットで例え長打がなくても得点を挙げていけるようになって欲しい。それこそが松井稼頭央新監督が示したヴィジョンなのだから。

山川穂高選手が真の四番打者となりアンチを黙らせるのに必要な「C」マーク

アンチがほとんどいない中村剛也選手に対し、多くのアンチを抱える山川穂高選手

山川穂高選手の真価が問われるのはまさに来季、2023年シーズンだと思う。山川選手はまさに辻発彦監督の起用によって開花した選手だった。だが来季ライオンズの指揮を執るのは松井稼頭央新監督であり、山川選手にしても森友哉捕手にしても、来季も3・4番を前提に考えられているという保証はない。

松井稼頭央2軍監督が1軍ヘッドコーチに転身した一年前、松井ヘッドコーチは早々に山川選手に対し一年間四番を打てる準備をしておくようにと求めた。しかしこれは辻監督が手塩にかけて育てた山川選手を蔑ろにするわけにはいかないという忖度もあったはずだ。だがシーズンが始まると山川選手は早々に怪我をして離脱してしまっう。それでも最終的には41本塁打、90打点で二冠に輝いたのはさすがと言うべきだろう。

山川選手はネット上にかなりのアンチを抱える選手の一人だ。かく言う筆者も山川選手には厳しい内容の記事を書くことが多い。だが誹謗中傷は決して書かない。筆者は、山川選手がライオンズの四番にこだわりを持っているため、ライオンズの真の四番打者を見る目で見ているだけだ。だがネット上には山川選手に対する心ない誹謗中傷で溢れていると言う。筆者はこれを有名税だとは決して思わない。

山川選手にアンチが多い理由として考えられることとすれば、スポーツ紙に切り取られている山川選手のコメントの多くが、個を重視しているように聞こえるものばかりだからだと思う。

一方中村剛也選手にはアンチが非常に少ない。これはやはり中村選手が個を優先しているように聞こえるコメントを残すことが絶対にないからだろう。口数は非常に少ない選手ではあるが、時々「打てて良かったです」以外のコメントを残す時は、だいたい「チームが勝てて良かったです」という趣旨の言葉が多い。山川選手のように「自分が打てば勝てる」「三冠王を狙いたい」というような個ありきの言葉を残すことがまったくないのだ。

そのためライオンズのチーム内でも、球団内でも、ライオンズに携わる様々な方の中でも、ファンの間でも、中村選手を嫌う者はほとんどいない。筆者個人はファンであるのと同時に「ライオンズに携わる様々な人間」のうちの一人であるわけだが、幾度か中村剛也選手とお話をさせていただいても、口数は少ないながらも本当に好感を持てる人物なのだ。そして何よりも一時期、奥様の誕生には必ずホームランを打つという姿が筆者の脳裏に焼き付いて離れない。

山川選手はこのままではライオンズの真の四番打者になることはできないだろう。このままではただたくさんホームランを打てる選手、という枠の中で選手人生を歩むことになってしまう。だがそれでは本当にもったいない。これほどホームランを打てる打者などそうはいないのだから、山川選手には今季の二冠になど囚われることなく、チームを優勝に導ける真の四番打者になってもらいたい。

だがこれだけの実績を持っている選手がここから内面的に変わっていくことは容易くはないだろう。一度手にした栄冠を簡単に脱ぎ捨てられる者などそうはいない。だがもし山川選手にそれができるのであれば、山川選手はただホームランをたくさん打てるだけの選手ではなく、ライオンズを日本一に導ける真の四番打者へと進化していけるはずだ。

松井稼頭央選手が松坂フィーバーに嫉妬せずに済んだ理由

そこで筆者がふと思い出しのが、1998年オフの松井稼頭央選手のことだった。この年の松井稼頭央選手は日本シリーズでは敗れはしたものの、MVPを獲得する大活躍を見せていた。だがその輝かしいMVPが霞んでしまう出来事がこのオフのライオンズには起こっていた。もちろん読者の皆さんも覚えていると思うが、このオフ、東尾修監督の懸命な説得により横浜高校の松坂大輔投手がライオンズ入りを決意した。

松井稼頭央選手としてはMVPを獲得したにも関わらず、話題をすべて高卒ルーキーに持っていかれてしまうことはさすがに面白くはない。春季キャンプが始まっても注目されるのはMVPの松井稼頭央選手ではなく、高校の卒業式もまだ迎えていない松坂大輔投手ばかりだった。この状況に気を揉んで何とかしようと苦心したのが東尾修監督だった。

東尾修監督は、松井稼頭央選手にはまださらに一段も二段も進化して欲しいと考えていた。だが可能性は低いとしても、万が一でも松井稼頭央選手が松坂フィーバーに嫉妬でもしてしまったら大事となる。そこで東尾監督は春季キャンプ中に松井選手を呼び出し、練習を終えた後の松坂投手の面倒を見るように言い付けたのだった。

地位が人を育てるとはよく言われることだが、それはまさに東尾監督がその時狙ったことだった。松井選手に松坂投手の面倒を見させることにより、松坂投手が嫉妬の対象ではなく、松井選手にとっての可愛い後輩になるよう仕向けたのだった。南郷に行けば松井選手も毎年お世話になっている各所に挨拶回りをしに行っていたわけだが、そこに松坂投手を同行させたりもしていたようだ。

こうして松坂投手はMVP選手の嫉妬の対象になることなく、後に松松コンビが誕生していくことになる。松坂投手の兄貴分としてはデニー友利投手や石井貴投手の名が挙がるが、実は入団直後のキャンプで松坂投手をグラウンド以外の場で面倒を見ていたのは松井稼頭央選手だったのである。

松井選手は元々素晴らしい人柄を持っている選手ではあったが、この東尾監督の計らいにより、松井稼頭央選手は人格者として球界を牽引していくスター選手となっていった。

山川穂高選手が真の四番打者になるために必要なのはキャプテンマーク

こうして振り返ってみると、山川選手も自主トレでは森捕手と仲良くやっているではないかという意見も出てくるとは思う。だがこれは松井選手と松坂投手の関係とはまったく異なる。山川選手と森捕手の関係はどちらかと言えば仲の良いチームメイト、仲の良い友だちといった部類だ。ここには松井選手と松坂投手の間にあるようなある種の師弟関係は存在していない。

山川選手が今後真の四番打者になっていくためには、人格者としての一面も見せなければならないと思う。だが山川選手と当時の松井稼頭央選手のキャラクターはまったく異なる。松井選手は非常にクールな性格だが、山川選手はどちらかと言えばオールスターゲームで馬のマスクを被っていたようにおちゃらけることが多い。そのため山川選手が松井選手になることはできない。

それならば山川選手を来季は主将に任命するのはどうだろうか?上述したように地位は時として人を育てる。山川選手に主将という地位を任せることで、山川選手はもはや個を優先することはできなくなる。主将の役割はチームを勝たせて和すことにあるため、山川選手も「自分がホームランを打てばチームは勝てる」という個ありきの発言をしなくなり、アンチもそれほど騒がなくなるのではないだろうか。

そして個を主張し過ぎることなくチームを牽引し、日本一に導くことができれば、その時山川選手もただたくさんホームランを打てる打者ではなく、ライオンズの真の四番打者の顔をしているはずだ。そしてその時は同時に、アンチにしても筆者にしても、きっと手のひらを返すような称賛を山川選手に送っているはずだ。

2020年からは源田壮亮選手がキャプテンマークを付けてきた。だが源田主将の3年間でライオンズはリーグ優勝を果たすことはできず、2021年に関して言えば最下位に転落してしまった。もちろんこれは源田主将の責任ではないわけだが、しかしキャプテンとして源田主将は何らかの責任を感じていたと思う。

だからここは一度源田主将のユニフォームからキャプテンマークを外し、もっと伸び伸びとプレーさせてあげてはどうだろうか。そうすれば源田選手もキャリア初の3割をマークできるかもしれない。

逆に山川選手にキャプテンマークを付けさせてチームの顔として言動させることにより、松井稼頭央新監督には山川選手を真の四番打者へと進化させてあげて欲しい。

山川選手はライオンズの四番であるため、筆者は他の選手よりも山川選手に対しては多くを求めている。ただ打てるだけでは真の四番打者とは呼べない。だからこそいつも山川選手に対しては厳しい記事を書いているのだが、しかし筆者は魚屋に行って野菜を買うようなことはしない。

山川選手がただホームランを打てるだけの選手で終わってしまうのか、それともチームを優勝に導くことができる真の四番打者になれるのかどうかは、まさに監督が変わるこのタイミングにかかっている。もし山川選手自身がこのタイミングで今までとは違った自分を見せることの必要性を感じたならば、きっと来季の山川選手はチームを日本一に導く真の四番打者になるだろう。

だがこのタイミングでも「今までとやることは変わらない」というスタンスを貫くならば、山川選手はただホームランをたくさん打てる凄い打者という枠の中だけで残りの野球人生を歩んでいくことになる。

14年間も日本シリーズから遠ざかっているライオンズ

四番の真価はホームラン数では決まらない。四番の真価はその活躍によりチームを日本一に導けるかどうかだ。だが山川選手はまだ日本シリーズに出場した経験を持たない。山川選手が入団したのは2014年で、ライオンズが前回日本シリーズで戦ったのは2008年だ。パ・リーグには6球団しかないのにも関わらず、ライオンズは14年間も日本シリーズから遠ざかっている。

実は西武ライオンズ史に於いて、ライオンズがここまで長期に渡り日本シリーズから遠ざかったことはなかった。森祇晶監督勇退後、東尾修監督は僅か3年でチームを日本シリーズに導き、その後は2002年に伊原春樹監督、2004年はシーズン2位から伊東勤監督、そして2008年には渡辺久信監督がNo Limit打線でライオンズを日本シリーズに導いている。だがそれ以降14年、ライオンズは日本シリーズから遠ざかってしまっている。

その間幾度となく日本シリーズを戦ってきたホークスに対し、ライオンズナインで日本シリーズ経験があるのは中村剛也選手と栗山巧選手のみだ。この経験値の差がCSでライオンズがホークスにまったく勝てないという現実を生み出してしまっている。

だがその経験値以上の違いとして、ホークスには絶対的エースと真の四番打者がいるのに対し、今のライオンズには絶対的エースも真の四番打者もいない。だからライオンズは短期決戦でホークスに太刀打ちすることができない。しかし山川選手が真の四番打者へと進化してくれれば、来季のCSではまた違った戦いを見せられるようになり、2008年以来の日本シリーズに進出することもできるだろう。

そしてそのきっかけとして、キャプテンマークを山川選手に付けさせることが山川選手にとっても、チームにとってもベストであると筆者は考えている。

満を辞して始動する2023年度版西武と渡辺久信GMが目指したチーム作り

とても優しい人格者だった辻発彦監督

辻発彦監督の勇退が正式に発表された数日後、松井稼頭央新監督の就任が正式に発表された。筆者は、監督にはカリスマ性が必須であると考えているのだが、松井稼頭央新監督にはまさにそれがある。

プロ野球選手の中にも、松井稼頭央選手に憧れてプロ入りしてきた選手が大勢いる。そして現役を退いた後でも松井稼頭央コーチを慕う選手が大勢いた。カリスマ性、リーダーシップ、現役時代の経験値、そのどれもが松井稼頭央監督には備わっている。

一方辻発彦監督はとても良い人だった。これがプロ野球の監督として吉なのか凶なのかは別としても、良い人であり、ファンに愛された監督であったことに疑いはない。だが以前のコラムでも書いたように、辻監督は頻繁に選手からいじられることもあり、カリスマ性に関しては乏しかった。

リーダーシップに関しても、辻発彦選手の現役時代には石毛宏典選手という絶対的なリームリーダーがいたため、辻選手がキャプテンシーを発揮したことは非常に少なかった。だが現役時代から辻選手は優しかった。1987年の日本シリーズ第6戦、あと一死でジャイアンツを倒し日本一になるという場面で、突然一塁手の清原和博選手が涙を流し始めた。

ドラフトで巨人に裏切られた経緯を持つ清原選手としては、その巨人を倒して日本一になるということに感極まってしまったのだろう。マウンドには工藤公康投手、打席には篠塚選手、そして堪え切れず涙を流す清原選手に近付いた二塁手の辻発彦選手は、優しく清原選手の肩に手を置き慰めた。

辻発彦監督はこの頃からプロ集団の中にあっても優しい人だった。その辻監督のライオンズでの6年間は絶対的に必要な6年間だったと思う。残念ながら日本シリーズで戦う姿を見ることはできなかったが、しかし松井稼頭央監督にバトンタッチするにあたり、辻監督ほどの適任者はいなかったと思う。

次期監督を育成しながらの戦いを強いられた2022年の辻発彦監督

2022年、監督ラストイヤーとなったこのシーズンは本当に難しい戦い方を強いられていたと思う。きっと球団の方針だったのだろう。辻監督はただ勝つだけではなく、後任監督を育成しながらチームを勝たせることを強いられた。ただチームを勝たせるだけでも大仕事なのに、なおかつ隣にいる松井稼頭央ヘッドコーチに帝王学を教え込まなければならない。そういう意味では今季の辻監督は、ある意味では兼任監督とも呼べる重責を担っていた。

これがもし森祇晶監督や東尾修監督であれば、ヘッドコーチを次期監督として育成しながら戦うという要請に応えたかどうかは分からない。なぜなら彼らは1勝する難しさをよく知っているからだ。だがもちろん辻監督もそれはよく知っている。にもかかわらず辻監督は松井稼頭央次期監督を育成しながらチームを率いて欲しいという要請に応じた。

通常ヘッドコーチというのは監督と各部門のコーチ、選手とコーチを繋ぐパイプ役を務める。それに加えて作戦面で監督に選択肢を与えたり、監督のやり方とは真逆の戦略・戦術を監督に提示し、監督のオプションに奥行きを持たせる役割を担っている。

つまりヘッドコーチというのは総理大臣に対する官房長官のようなもので、監督とヘッドコーチの関係が良好でなければ、チーム強化はどんどん難しくなっていく。そして今季の辻監督は、本来であれば困った時はヘッドコーチに頼りたいところを、逆にヘッドコーチを次期監督として育成しながら戦っていたのだ。その難しい状況の中でチームを3位に導いたのだから、辻監督の手腕を過小評価すべきではない。

もし馬場敏史ヘッドコーチが留任していたとしたら、今季の戦いはもう少し違ったものとなっていただろう。せっかく馬場コーチの指導の成果が見え始めてきたところだったのだが、最下位の責任は誰かが負わなければならなかった。そしてその一つが馬場ヘッドコーチ(ヘッド格)の辞任だったのだろう。

このように今季の辻監督は選手を育成するだけではなく、次期監督も育成しながら戦っていたのだ。しかも信頼を置いていた馬場コーチの存在を欠いた状態で。

もしかしたら辻監督は最下位となった一年前に進退伺を出していたのかもしれない。だが渡辺久信GMが、松井稼頭央新監督の誕生にはまだ少し早いと判断し、辻監督を慰留し、今季のこの役目を担ってもらったのではないだろうか。そうでなければライオンズというチームにあって、1979年以来の最下位に沈んで監督が変わらなかったという理由が思い浮かばない。

渡辺久信GMも、もし気心の知れた辻監督でなければこのような重責を任せることはできなかっただろう。だが辻発彦監督だったからこそ、渡辺久信GMも安心して松井稼頭央次期監督の育成を任せられたのだと思う。

渡辺久信GMが作り上げてきた指導者の育成システム

松井稼頭央監督は2018年に現役を退き、2019年からライオンズの2軍監督を3年間務め、今季は1軍ヘッドコーチとしてベンチ入りしていた。そして辻監督からは打順作成を完全に任せられていた。つまり言い方は悪いのだが、2022年というシーズンは、松井稼頭央ヘッドコーチにとっては次期監督としての練習の場でもあったのだ。いや、もちろん当の本人に練習などという生半可な気持ちはなかったと思うのだが、チーム編成という面で考えると、そう見ることもできた。

辻監督の協力の下松井稼頭央ヘッドコーチは帝王学を学ぶことができ、3年間の2軍監督としての経験と、今季のベンチワークに対する経験により、満を辞して1軍監督に就任する運びとなった。他球団では指導者経験のない人物がいきなり監督を務めることが多い中、渡辺久信GMはじっくりと丁寧に次期監督を育て上げてきた。

さらには現在では西口文也2軍監督も将来の監督候補として2軍で腕を磨いている。選手だけではなく、指導者の育成にも手を抜かなくなったのは渡辺久信GMになってからだった。

例えば2013年シーズンを以って勇退が決まっていた渡辺久信監督の後任は、二度目のライオンズの監督就任となった伊原春樹監督だったわけだが、この時は誰もが望んで伊原監督の就任が決まったわけではなかった。実は後任監督の育成がまったく進んでおらず、OBの中にも相応しい人物がおらず、西武球団は他に選択肢がない状況の中で伊原監督に就任オファーを送っていた。そのためコーチ人事にもかなり手を焼いており、伊原政権下でのコーチ就任を断る有能な人材も多数いたと言われている。

渡辺久信監督も退任時、西武球団が次期監督候補をまったく育成できていなかったことをよく分かっていた。2013年シーズンからは慌てて潮崎哲也編成担当を2軍監督に据えて育成をし始めていたし、潮崎コーチも幾度か次期監督候補として名前が挙がっていたことはあったのだが、実は潮崎コーチ自身はと言うと、ユニフォームを着続けたいという意欲は持っていなかった。

潮崎2軍監督は本来は全国を回ってアマチュア選手を見ることを得意としており、そして潮崎2軍監督自身、その編成部門での役職が最も自分に合っていると考えていた。そのような事情もあり次期監督候補として幾度か名前が挙げられながらも、潮崎哲也監督が誕生することはなかった。

そして渡辺久信監督は退任するとシニアディレクターに就任し、将来GMになっていくための道を歩み始めていた。そこで渡辺SDが常々考えていたことは、選手を育成するだけではなく、監督コーチも育成しなければならないということだった。

そんな中で育成されてきたのが松井稼頭央新監督、西口文也2軍監督、赤田将吾コーチらというわけだった。渡辺久信GMは、赤田将吾コーチの人望を高く評価しており、このコーチを一流のコーチに育成することにも力を注いでいる。

来季の布陣としては松井稼頭央監督、平石洋介ヘッドコーチ、豊田清投手コーチ、赤田将吾コーチ、嶋重宣コーチらが1軍の主力コーチングスタッフとなることが予想されている。渡辺久信GMは、2023年以降この布陣で戦うための準備を今季は着々と進めていた。

今ライオンズには、他球団にはない育成システムが存在している。選手だけではなく、指導者の育成にも本格的に取り組んでいるのは12球団でもライオンズくらいではないだろうか。その他の球団は指導者経験のない人材をいきなり監督に据えたり、世渡り上手だと評されている人物をコーチに据えなければならない状況も多々見受けられる。

しかしライオンズは渡辺久信GMの統制下で、選手も指導者も育成するシステムを作り上げることに成功している。だがそれも渡辺久信GMだけでは不可能だった。辻発彦監督という良き人物の存在なくして、渡辺久信GMの育成システム構想は成り立たなかった。少なくとも筆者はそのように感じている。

カリスマ性溢れる松井稼頭央新監督&参謀の名に相応しい平石洋介コーチ

辻監督はあまりにも優しくて、選手を見過ぎていたように筆者の目には映っていた。選手個々の特徴を生かそうとし過ぎて、自らが目指す野球のスタイルをなかなか完成させることができなかった。

確実に成り立った点と言えば、不動のショートストッパーとしてチームを牽引する源田壮亮主将くらいではないだろうか。この源田主将を中心にディフェンスを強化して緻密な野球をしたいというのが辻監督の野球観だったと思うのだが、しかしこの6年間の野球はやや大味なものが多かった。

そういう意味では辻監督はもう少し選手に厳しい采配を揮っても良かったと思う。だがそれができるカリスマ性溢れる監督であったなら、渡辺久信GMも松井稼頭央監督の育成を任せることはできなかったため、日本シリーズには一度も行くことはできなかったが、やはり辻発彦監督の6年間は絶対に必要な6年間だったと思う。

そしていよいよ2023年からはまさに渡辺久信GMが手塩にかけてきたチームが完成に近付こうとしている。もちろんまだまだ完成間近というわけではないのだが、少なくとも新監督やコーチの育成はここまで非常に上手くいっている。

監督というのは、長期政権になればなるほど戦略戦術に意外性がなくなっていく。だからこそ監督はどんなに長くても10年で一度変えた方が良い。理想を言えば6〜7年に一度変え、常に新鮮な戦略戦術で戦える状態を維持したい。そういう意味では6年で辻監督が勇退し、松井稼頭央監督にバトンタッチされたというのは非常に良いタイミングだったと思う。

松井稼頭央-平石洋介コンビは、きっとこれまでにない野球をライオンズにもたらしてくれるはずだ。そしてここに近い将来、松坂大輔投手コーチが加わってくれたらそれ以上に期待できることはないのではないだろうか。

近年のライオンズは本当に弱かった。最下位に転落したからと言うよりも、短期決戦ではホークス相手に手も足も出せずにいる。だが松井稼頭央監督が選手たちに厳しさを求め、辻監督が行えなかったような難しい起用を断行できれば、ライオンズは一段と大人のチームに近付くことができるだろう。

監督が変わったということは、これまでのレギュラー特権も白紙に戻るということだ。秋季キャンプからはまた全選手が横一線でのスタートとなる。そしてそれはタイトルホルダーたちも同様だ。タイトルを獲っても日本シリーズには2008年以来進出できていないのだから、それも当然だろう。

松井-平石コンビに求められるのはCS進出ではなく、リーグ優勝して堂々と胸を張って日本シリーズに進出し、そこで勝つことだ。それを実現するためにも松井稼頭央監督は一度チームを分解し、改めて勝つためのチームを再構築しなければならない。今までの流れの中で、惰性でレギュラーを決めてしまうことだけは避けて欲しい。

だが松井稼頭央監督は、渡辺久信監督以来のカリスマ性のある監督だ。そして渡辺久信監督に対するデーブ大久保コーチのような存在として、森祇晶監督に対する黒江透修ヘッドコーチのような存在として、または東尾修監督に対する須藤豊ヘッドコーチのような存在として、松井稼頭央監督には平石洋介ヘッドコーチの存在がある。このように監督と腹心が二人三脚体勢で駆けていけるとチームは必ず強くなる。

カリスマ性のある松井稼頭央監督に対し、参謀の名が相応しい平石洋介コーチ。このPLコンビに関しても、渡辺久信GMの手腕がなければ実現しなかった。さらに言えば辻発彦監督の協力がなくてもやはり実現し得なかったはずだ。

やはり2023年のライオンズはまさに「満を辞して」という言葉がよく似合う。来季は確実にクリーンナップを担える外国人スラッガーの獲得に成功すれば、チームのバランスとしては格段と良くなり、そのピースさえしっかりと埋められれば、来季のライオンズは一年を通して優勝争いに加わるチームとなるはずだ。そして一年後の今頃は、ライオンズファンは日本シリーズの開幕が待ち遠しくなる秋を迎えているだろう。

辻発彦

東尾修監督は、野村克也監督のような名将だった

辻発彦監督監督はとても良い監督だと思う。だが名将とは言い難い。これはあくまでも筆者個人の意見でしかないわけだが、筆者が思い描く名将像から辻監督は少し外れてしまうのだ。

もちろん一般的には勝てる監督が名将と呼ばれるわけだが、仮に勝てなかったとしても名将と呼べる監督は大勢いたと思う。例えば日本一にはなれなかったが東尾修監督は名将だったと思うし、平石洋介元楽天監督も名将になり得た監督だった。

筆者が思い描く名将とは、采配や言葉から確かなヴィジョンが見えてくる監督のことで、必ずしも勝てる監督というわけではない。例えば極端な話、名将だったとしても補強が上手くいかなければチームは勝てるようにはならない。例えば渡辺久信監督の時代は補強策が上手くいかず、コーチ側にも選手側にもトラブルが発生し、2009年以降は少しずつチーム内の風通しが悪くなっていた。

ちなみに渡辺久信監督は名将だったと思う。ディフェンスで勝ちに行く野球を目指すというヴィジョンが采配や言葉から見えて来たし、そのヴィジョンに沿った選手育成も徹底していた。例えば先発から守護神に転向させた涌井秀章投手の再生法なども、野手出身監督ではなかなか思い切れなかった名采配だったと思う。

東尾修監督にしても「Hit!Foot!Get!」というスローガンの下、エースを中心として、相手投手の嫌がる攻撃で勝ちに行くというヴィジョンが明確だった。そのためチームがよく1つにまとまっていた。もし東尾監督でなければ、97〜98年のリーグV2もなかったかもしれない。

東尾監督は、野村克也監督のようだった。1995〜2001年の7年間でチームは完成を目前としていた。しかし2001年に3位に甘んじてしまったことにより退任せざるを得なくなってしまう。

だが黄金時代のエースたちがどんどんいなくなっていった投手陣をあっという間に再建し、松井稼頭央選手というスーパースターを育て上げ、中島聡捕手を獲得することで伊東勤捕手を若返らせた采配は、まさに名将と呼ぶに相応しいものだった。

そして東尾監督が完成させたチームを引き継いだのが伊原春樹監督だったわけだが、その完成したチームによって2002年は圧倒的な強さでリーグ優勝を達成する。だが日本シリーズでは、ペナントレースと同じ戦い方に執着したことで巨人相手に4連敗を喫してしまった。

東尾監督が完成させたチームが勇退直後に優勝する姿は、まさに阪神・楽天時代の野村克也監督そのものだ。2002年のライオンズの優勝は、東尾監督にとっては本当に口惜しい物ではなかったろうか。

あちこちで確執を生み続けた伊原春樹監督

さて、東尾監督の後任であった伊原監督は、選手との間に確執の絶えない監督でもあった。デニー友利投手は伊原監督との確執によりトレード志願をしたと言われているし、涌井秀章投手にしても心情を逆撫でされるような言葉を伊原監督から言われ、ライオンズに残る意思もあったにもかかわらず、そのタイミングでライオンズを去ってしまった。

2014年の伊原監督は、渡辺久信監督の辞任を受けての再登板だったわけだが、チーム内で数多くの不協和音を発生させ、チームを空中分解させてしまい、開幕から僅か53試合指揮を執っただけで解任となってしまった。ちなみに伊原監督は鈴木健選手、野村克也監督との間にも確執があった。

渡辺久信GMは、この時のことがしっかりとイメージとして残っていたのだろう。渡辺久信監督が辞任した際、西武球団の当時の鈴木葉留彦球団本部長は次期監督の育成を完全に怠っていた。渡辺久信監督時代の終盤の2軍監督には、将来的に1軍監督になる可能性がまずなかった行沢久隆氏が据えられていた。

次期監督をまったく育成できていなかったことから、西武球団は伊原監督を再招聘するしかなかったというのが実際のところだった。だが鈴木葉留彦本部長のこの登用は完全に失敗に終わる。

間違いなく名将と呼んでいい渡辺久信GM

監督を育成していなかった失敗を反省したのか、その後のライオンズは将来的な1軍監督を見据えて2軍監督を選ぶようになっていく。2013年からの3年間は潮崎哲也2軍監督、そして2016年は横田久則2軍監督を挟み、2017年からはまた2年間潮崎2軍監督となる。潮崎2軍監督は、何度か1軍監督候補として名前が挙がった。

そして2019年からの3年間は、現在の次期監督最有力候補である松井稼頭央2軍監督となり、2022年からは西口文也2軍監督へと継投されていく。

契約更改でも幾度となく選手から反感を買った鈴木葉留彦氏が去り、渡辺久信GMが誕生すると、ライオンズの状況は一気に改善していった。まずフロントと選手間にあった確執がなくなり、主力選手の流出が止まっただけではなく、かつてライオンズを去っていった人たちが引退の場、そして指導者としてライオンズに戻って来てくれるようになった。

監督としては一度しか優勝できなかったが、GMとしての手腕を振り返っていくと、渡辺久信GMは間違いなく名将と呼ぶことができるだろう。そして近い将来、このGMはきっと故根本陸夫のような存在になっていくのだと思う。

今はまだ名将と呼ぶことはできない辻発彦監督

辻監督は選手に近付き過ぎてはいないだろうか。監督というポジションは、必要以上に選手との対話はすべきではないと思う。なぜなら監督と選手が親しくなればなるほど、監督側にその選手に対する情が湧いてしまうからだ。

例えばオークランドアスレチックスのかつてのビリー・ビーンGMは、情が湧いて選手を解雇したり放出したりしにくくならないように、何かを通達する時以外は選手との接触は避けていた。

だが辻監督は練習中などでも選手と談笑していることが多い。ビーンGMほど厳格に行動する必要はないとは思うが、しかし辻監督と選手たちの姿を見ていると、時々学校の先生とその生徒たちという風に見えてしまうことがあるのだ。

果たして辻監督が情に流されていないと言い切ることはできるだろうか。まず、まだオフになったばかりのこのタイミングで来季の4番打者としてもうすでに山川穂高選手を指名しているし、増田達至投手が再び守護神のポジションを目指したいと言った直後に、来季の守護神は平良海馬投手でいくと明言している。

まず、2年以上4番として安定した仕事をしていない打者に対し、この早いタイミングで4番として指名するのはどうかと思う。確かに本塁打王を二度獲得しているが、来季になればもうそれは3年前の話となってしまう。

守護神の指名にしても、確かに平良投手の実績を踏まえれば守護神に据えるのは当然だと思う。だがこれまで素晴らしい実績を残し続けていた増田投手に対し、年も明けないうちから競争させずにセットアッパーだと言い切ってしまうのはやや失礼ではないだろうか。

また、先発志望を持つ平良投手に関しても「2022年は先発はさせない」と言い切った。もちろん「守護神として期待している」という言葉の裏返しではあると思うのだが、しかしその言葉の裏まで読み取れる選手が多いとは思えない。

また、辻監督からは明確なヴィジョンが見えてこない。一体どんな野球を目指し、それに対しどのような戦略を組み立てているのだろうか。辻監督の言葉は希望的観測であることが多い。不振が続く山川選手に対しての言葉も、足首の手術からの退院が傷口からの感染症により大幅に遅れている平良投手に対しての言葉も、監督の期待にまったく応えられずにいる金子侑司選手に対する言葉もだ。

辻監督はもっと緻密な采配や野球を見せてくれると期待していたのだが、ここまでの采配はまるでNo Limit打線の延長線上のようにも見える。打つことによって勝ち、打てなければ勝てないという野球が続いている。

選手たちが調子が良ければ勝てる、という野球をやっているうちはライオンズが再び常勝時代を築き上げることはできないだろう。選手が不調に陥れば、その選手を短期間で復調させる采配を見せなければいけない。

例えば東尾監督が西口文也投手を、渡辺久信監督が涌井秀章投手を短期間で復調させた時のように。だが辻監督は毎年のように山川選手に対し期待をしながらも、2年以上彼を復調させることができていない。

1番打者に関しても、東尾監督があっという間に松井稼頭央選手を育て上げたようにはいかず、秋山翔吾選手が抜けてからは2年も1番打者を固定できずにいる。ただ、1番打者問題に関しては若林楽人選手が解決してくれそうだ。だがそれまでは毎年のように金子侑司選手に期待をしながらも失敗を繰り返している。

もし辻監督が名将と呼べるのであれば、山川選手や金子選手をもっと短期間で再生できていたはずだ。だが辻監督は希望的観測を繰り返すばかりで、未だに二人を再生できずにいる。

さらに言えば、この5年間で絶対的エースも育てられずにいる。メジャーに移籍した菊池雄星投手にしても、上位チーム相手には一切勝てないままだった。

このような観点から、あくまでも現段階での筆者の個人的感想なのだが、辻監督は良い監督だとは思うが、名将ではないと思う。選手とのコミュニケーションの仕方を見る限りでは監督業よりも、監督と選手、監督とコーチの間に立ちパイプ役となるヘッドコーチ職の方が合っているように思える。

おそらく2022年は、辻監督はリーグ優勝をして日本シリーズに進まない限りは勇退となるだろう。仮に圧倒的ゲーム差でリーグ優勝をしたとしても、またもやCSで敗れたならば続投はないはずだ。

2018年にリーグ優勝した際には2年契約となった辻監督だが、その後は1年契約に戻っているのがその一つの表れだと思う。そして辻-馬場コンビに脆弱性が見えたからこそ、渡辺GMは今オフは大胆にメスを入れていった。

着実に進んでいる松井稼頭央次期監督の育成

渡辺久信GMは、松井稼頭央次期監督の育成にはかなり本気で取り掛かっている。まず、将来の1軍監督就任を見据えて引退後すぐに2軍監督に据えているし、2022年に関しては、広岡達朗監督、森祇晶監督、野村克也監督、落合博満監督という名だたる名将に仕えて来た辻発彦監督から帝王学を学ばせるため、辻監督の近くにいることが最も多いヘッドコーチ職に就かせている。さらには松井監督誕生時のヘッドコーチとして、平石洋介打撃コーチの招聘にも成功している。

将来の松井稼頭央監督がどのようなヴィジョンを持ってチーム作りをしていくのかはまだ分からない。だが監督候補がおらず、監督向きではない伊原監督、田邊徳雄監督が誕生した時とは比べ物にならないほど、次期監督の育成が着実に進んできている状況だ。

この流れを考えると、2022年は辻発彦監督は松井稼頭央次期監督に繋いでいくためのさながらセットアッパーということになるのではないだろうか。やはり圧倒的強さで日本一を達成しない限りは、2023年の続投はないように思える。

辻監督自身、来季はセットアッパーであるという自覚を少な必ずお持ちだと思うし、2023年はないという覚悟もあると思う。だがここでレイムダックになってしまうのではなく、そう簡単には松井稼頭央ヘッドコーチに監督の座は禅譲しないという気概を感じさせる、名将としての采配と意地を見せてもらいたい。

そして決して情や希望的観測に流されることなく、辻監督が本当に目指したい野球を来季は見せてもらいたい。だがもしそれが山賊打線の再来であるならば、ライオンズは来季も優勝することはできないだろう。

なぜならば、渡辺久信GMがすでに山賊打線は過去の遺物だと言い切り、それを前提に補強策を進めて来ているからだ。だからこそ辻監督には、かつて自らが仕えて来た名将たちのような緻密な野球を見せてもらいたいし、また山川選手が打てなかったとしても勝てる野球を見せてもらいたいのだ。

このパラダイムシフトさえ可能となれば、2022年の辻ライオンズは圧倒的な強さで日本一を達成できるはずだ。まるで森・広岡ライオンズ、野村スワローズ、落合ドラゴンズのように。

松井稼頭央

PL学園時代はピッチャーだった松井稼頭央選手

埼玉西武ライオンズの次期監督の最有力候補は松井稼頭央新ヘッドコーチだと言われている。そして松井ヘッドコーチが将来監督に就任した際、ヘッドコーチを務めるのが平石洋介打撃コーチだとも言われている。

松井稼頭央選手と言えば、メジャー移籍前のライオンズ時代は球界最強スイッチヒッターと呼ばれていた。だがこの松井選手、最初からスイッチヒッターだったわけでも、最初から遊撃手だったわけでもない。

PL学園時代の松井選手はピッチャーで、ドラフトでは投手として指名されるのか、野手として指名されるのかと野球ファンをヤキモキさせた。結果的にドラフト前に野手として指名すると宣言したのは巨人とダイエーで、実際に3位指名で交渉権を得たライオンズも野手として指名している。

さて、この松井稼頭央選手だがライオンズ入団と同時に内野手にコンバートし、30歳となり力が衰え始めていた田邊徳雄選手の後任遊撃手として徹底的に鍛え上げられて行った。ちょうど松井稼頭央選手の後任として中島裕之選手が鍛え上げられていたように。

プロ1年目に左打ちにも挑戦し始めた松井稼頭央選手

プロ1年目の1994年は1軍に昇格することなく、とにかく2軍で徹底的に鍛えられた。だがプロ入り後に本格的に取り組み始めたショートとしては24失策も記録している。ここから始まりゴールデングラブ賞を4回受賞するまでに至っているのだから、松井選手がどれほど努力をしたのかなど我々は想像することさえできない。

「2軍に体が強くて足が速いのがいる」と聞き、1995年の開幕直後、東尾修監督はイースタンの試合を視察しに行った。松井選手自身、実は左打ちに関しては1年から少しずつ始めていたのだが、この時はまだスイッチヒッターと言えるほどではなかった。

2軍でも思うようにヒットを打てない練習中の松井選手を見て、東尾監督は「どうせ打てないなら試しに左で打ってみろ!」とバックネット裏から監督自ら野次将軍のように指示を飛ばした。

すると1年目から少しずつ左打ちを始めていたこともあり、スイッチヒッターとしてある程度形になっていると判断した東尾監督は、松井稼頭央選手を「スイッチヒッターとして」1軍に上げる決意をした。

黄金時代の主力選手たちがほとんどいなくなっていた状況下で、ライオンズは新たなスター選手を育てていかなければならず、ルックスも良かった松井選手はこの1軍昇格をきっかけに、まさにその筆頭候補となっていく。

なおかつ松井選手のプレースタイルは東尾監督のヴィジョンにもマッチしていた。「ここぞという時に勝てる投手の育成と、機動力野球」-、これが東尾監督のチーム作りのヴィジョンだったわけだが、この申し子が西口文也投手と松井稼頭央選手だった。

95年は2軍で17試合に出たあと1軍に昇格すると、69試合に出場した。しかし打率は.221と低く、打てない松井選手を使い続けることで清原和博選手があからさまに不満を漏らすほどだった。だが使い続ければモノになると確信していた東尾監督は、打てなくても松井選手を我慢して使い続けた。

その結果3年目1996年の打率は.283まで上昇し、盗塁数はなんと50個を数えた。この好成績には清原選手も口を閉ざすしかなかった。

4年目の開幕直前、東尾監督は3年目の活躍のご褒美として松井選手を京都の祇園に連れて行き、芸者遊びを経験させている。そして「4年目に3割60盗塁をクリアしたらもう一度連れてきてやる」と約束をした。そしてシーズンが開幕し、96年に松井選手が残した成績は打率.309で、盗塁数は62個だった。

プロ1年はスライディングすら上手くできなかった松井選手が、その3年後には盗塁王にまでなっていたのだから、東尾監督の慧眼を改めて見直さなければならない。

間違いなく名手だった遊撃手松井稼頭央選手

1年目94年の失策数が24個だったことを考えると、もし95年以降も森祇晶監督が続投していたとしたら、95年以降に松井選手にチャンスが訪れることはなかったかもしれない。これだけエラーをする選手を、森監督が1軍に上げたとは思えないからだ。

だがこの松井選手の24失策というのは、決して守備が下手くそで記録したものではない。もちろん野手転向はプロ入り後だったため、決して上手かったと言うこともできないわけだが、しかしこの24失策というのは、他の選手では追い付けないような打球にも追い付けてしまうからのものだった。

失策はもちろん、ボールがグラブに触れたことで記録される。松井選手の場合は尋常ではない守備範囲の広さで、普通ならばまったく追い付けないような打球にもグラブが届いてしまうのだ。しかし届いたは良いが捕球まで至らなかったものが失策として記録されていった。これは1軍で活躍するようになってからも同じだ。

エラー数を見て「松井稼頭央選手は名手ではない」と言う者もいるが、筆者はそうではなかったことをここで明確にしておきたい。もちろん奈良原浩選手のような巧みさには乏しかったものの、しかしカル・リプケンJr.選手やデレク・ジーター選手のような攻撃的遊撃手としては間違いなく名手と呼べるショートストッパーだった。

今まで「松井稼頭央二世」と称された若手選手たちは何人かいた。だが実際松井稼頭央選手のようなタフな選手になれた者は誰一人いない。中島裕之選手にしても後継者ではあったが、二世ではなかった。

もう松井稼頭央選手のような選手は出て来ないのだろうか。それとも松井稼頭央監督が誕生した時、監督自身がその誕生を演出するのだろうか。まだまだ先のことではあるが、将来の松井稼頭央監督が育てた松井稼頭央二世を見てみたいと思うのは、きっと筆者だけではないはずだ。

20211117.jpg

監督・コーチの育成にも力を入れる渡辺久信GM

松井稼頭央2軍監督が来季2022年は1軍ヘッドコーチを務めることになった。シーズン終了間際の報道ではチームが最下位に転落したことを受け辻発彦監督が退任し、松井稼頭央1軍監督が誕生するのではとも報じられていたが、これはただの空騒ぎで終わった。

スポーツ紙は来季監督に関してチーム内で二転三転していると下世話な報じ方もしていたが、果たしてそうだろうか。確かに報道陣に情報がリークされることによって人事が覆されるケースもあるわけだが、今回のライオンズの監督人事はそうではないと筆者は感じている。

まず第一に渡辺久信GMの考えがあったはずだ。自身は2軍監督を経て2008年に1軍監督に就任したわけだが、あの時1軍ヘッドコーチを経て1軍監督になっていれば、もっと違っていたかもしれない、という思いもあったのではないだろうか。

同じ監督業であっても、1軍監督と2軍監督とでは求められるものがまったく異なる。2軍監督は確かに勝つことも大切だが、それ以上に求められるのは若い選手を育成し、どんどん1軍に送り込むことだ。一方1軍監督はとにかく勝つことが使命となってくる。

もし渡辺GMが2008年、1軍ヘッドコーチや1軍投手コーチなどを経て1軍監督になっていたら、もう少し余裕を持ち、中長期的視野を持って1軍を率いられたのではないだろうか、という思いは0ではなかったと思う。その経験を踏まえ、渡辺GMはまず、松井稼頭央2軍監督を1軍ヘッドコーチとして起用したのではないだろうか。

流れとしてはもちろん、将来的な辻監督の後任は松井稼頭央ヘッドコーチになるのだと思う。この人事に意外性などは必要なく、ライオンズとしては今、松井稼頭央ヘッドコーチを1軍監督として育成している最中なのだと思う。監督・コーチをしっかりと育てていくというのは渡辺GMの方針の一つで、これはチーム力を長期的に維持していくためには非常に重要な要素だ。

渡辺GMが就任する前のライオンズは、特に投手コーチが長年チームを任されるケースが少なかった。そのためになかなか安定した投手陣を形成することができなかったわけだが、渡辺GM就任後はコーチ陣がそれぞれ責任を持ち、腰を据えて指導ができているように見える。これは渡辺GMが成功させたチーム改革の一つだと言える。

監督候補に続々名前が挙がり始めた東尾チルドレン

今季は松坂大輔投手が引退したわけだが、チームとしては当然松坂投手には2軍投手コーチなどのポストで残ってもらいたかったはずだ。

だが松坂投手は家族思いであると言う。長年大変な思いをさせていた家族と過ごすための時間を求めたのかもしれない。しかし長い現役生活を終えたばかりなのだ。まずはゆっくりと休んでもらいたい。

そして1年ほど外から野球を見た後で、コーチとしてライオンズに戻って来てもらいたい。松坂投手自身はコーチという肩書きに拘りは持っていないようだが、しかし将来的にライオンズの監督としてチームを率いるのであれば、コーチ経験は確かなアドバンテージとなる。

今ライオンズには松井稼頭央ヘッドコーチ、西口文也2軍監督、松坂大輔投手という将来の監督候補たちがいる。3人とも東尾修監督の元で野球を学んだ選手たちだ。野村克也監督の人材育成力には及ばないものの、東尾監督の育成力も目を見張るものがある。

そして辻監督はこれまで、あらゆる名将の元で帝王学を吸収してきた監督だ。怪我人の続出や外国人選手の不調という想定以上のものがなければ、今季だって優勝争いに加わっていたはずだ。現にシーズン開幕直後は怪我人が続出するまで、順調に首位争いを繰り広げていた。

そう考えると辻監督の辞任の可能性はあったとしても、解任前提の人事ではなかったと思う。スポーツ紙が来季の監督人事に関して二転三転していると書いたのは、おそらく自分たちが先走って報道した「辻監督辞任・松井新監督誕生」が完全に外れてしまい、それを正当化させようとした悪あがきだったのではないだろうか。

今も昔も報道は事実だけを伝えているわけではない。多くのケースでは他紙を先行しようと予測報道をしている。そしてその報道によって野球人生を狂わされてしまう選手、監督、コーチもいる。そう考えると報道の自由には時々大きな疑問を抱いてしまう。

とにかく来季以降の陣容は固まった。辻監督と松井ヘッドコーチのコンビに加え、松井ヘッドコーチのサポート役にも回ってくれる平石洋介打撃コーチ。そして2軍を率いるのはチーム内でも最も人望がある人物である西口文也2軍監督。

コーチングスタッフを見るだけでも、来季はワクワクするような野球を見せてくれるような予感がする。今季のリーグ優勝はセパ共に前年の最下位チームだったわけだが、一年後にはライオンズが最下位からリーグ優勝を果たし、念願の日本一を奪回しているのだろう。