タグ「平井克典」が付けられているもの

20210329.jpg

近頃のプロ野球選手たちの一部では、バイオメカニクスに対する理解を深めている選手が増えてきている。中でもライオンズは選手個々はもちろん、球団としてもバイオメカニクスへの取り組みを強化し始めている。西武球団はマーケティング面においてすでに、NTTコミュニケーションズと協力関係にあり、メットライフドーム内の至る所でNTTコミュニケーションズが提供するIT技術が駆使されている。

だが西武球団とNTTコミュニケーションズとのパートナーシップはマーケティング面だけに留まらず、現在は動作解析ソフトという新たな分野でも協力関係にある。NTTコミュニケーションズが開発した動作解析ソフトは、すでに2021年の春季キャンプ中から使われているようで、実際に利用した平井克典投手も好感触を持ったようだ。

10年前はまるで手が届かなかった動作分析ソフト

筆者は野球のプロフェッショナルコーチとして仕事をし始めて今年で12年目になるのだが、10年くらい前に動作分析ソフトを提供する企業から営業を受けたことがある。筆者がパーソナルコーチを担当しているプロ野球選手やアマチュア選手に対して使える、動作分析ソフトのレンタル使用権に関する営業だったのだが、なんと月額は安くて数十万円、本格的に使う場合は100万円を越すような金額だった。もちろんパーソナルコーチングでそれだけの費用を捻出することはできないし、一応はその当時担当していたプロ野球選手にも聞いてみたのだが、その料金での利用に対して前向きな選手はいなかった。

その1〜2年後だろうか、iOSアプリでプロの現場でも利用できるレベルのアプリが登場してきた。それは月額1,000円もしない。もちろん月額数十万円のソフトと比べるとできることは限られるわけだが、しかし現場で実際に使いたい最低限の機能は備わっているため、このアプリに関しては筆者は今でもコーチング現場で使い続けている。

ちなみに近年よく耳にするトラックマンは、機器を購入したり数値を測定するだけであれば、頑張れば一般人でも払えるのではないか、というような金額なのだが、データ利用をするとなるととんでもない金額に跳ね上がる。とてもじゃないが個人で契約することは難しく、企業レベルじゃないとなかなか導入することはできない。ただ、ある大学では野球部の指導者が個人的に自腹でトラックマンを導入したという話を耳にしたため、もしかしたら料金は少しずつ下がってきているのかもしれない。もしくはデータ活用はせず、測定のみを行なっているのかもしれないが。

トラックマンとラプソード

ちなみにメットライフドームにもトラックマンが設置されている。バックネット裏のスコアボード付近に黒くて四角い物体が設置されていると思うのだが、それがトラックマン社製のレーダー測定器だ。だがこれがどのように活用されているのかは筆者には分からない。ただ数値を測定しているだけなのか、それともデータ活用がなされているのか。数年前に西武球団はIT戦略室を新設しているのだが、恐らくはそこでデータ活用されているのではないだろうか。

トラックマンはピッチャーが投げるボールや打球の球質をかなり正確に測定することができるのだが、バイオメカニクスという観点においては専門外だとも言える。だが今西武球団が運用し始めているNTTコミュニケーションズの動作解析ソフトは、映像から動作解析をしていくため、バイオメカニクスと球質の関係を相互で見ていくことができる。筆者も少しだけ実物を見たことがあるのだが、確かに選手側からするとトラックマンよりもずっと具体的に動作改善に活かせそうだと感じた。

ちなみにライオンズには平良海馬投手や髙橋光成投手のように、個人的にラプソードを所有している投手がいる。ラプソードもトラックマンのように球質をデータ化することができるのだが、トラックマンとの最大の違いは手軽に持ち運べるという点だ。

ラプソードの機器はDriveline Baseballでも使われている。Drivelineと言えばライオンズも若手投手を何人も送り込んでいるワシントン州のケント(シアトルの少し南)にあるバイオメカニクスの専門施設なのだが、そこに派遣されたチームメイトにラプソードの話を聞いたのかもしれない。ライオンズでは平良投手がまずはそれを個人的に購入し、その後平良投手に借りて使い始めた髙橋投手も自ら購入した。

ラプソードは手軽に持ち運べて、データをiPadで見ていくことができる。個人利用するには最適なサイズであるため、今後個人的にラプソードを利用するプロ野球選手は増えていくだろう。だがこのラプソードも基本的には球質などの数値を分析するのが得意な機器だ。もちろんエクステンション(ピッチャーズプレートとボールリリースまでの距離)やリリースアングルなどを計測することによって、それを動作改善に活かすことは可能なのだが、しかしあくまでもこれらは数値であり、厳密には動作そのものを分析した結果ではない。

テクノロジーの進化がパーソナルコーチを淘汰する?!

しかしNTTコミュニケーションズが開発したソフトは、上述した通り映像から動作分析を行っていく。そのため、自分自身が実際にどのようなフォームで投げているのかということをテクニカルに俯瞰視することができるのだ。ちなみに筆者のプロコーチとしての経験上、99%のピッチャーは頭で思い描いているフォームと、実際のフォームが一致していない。最も一致しているなと感じたのは杉内俊哉投手だ。

NTTコミュニケーションズのソフトと、ラプソードやトラックマンを併用することにより、実際にどのようなフォームになっていると、どういう球質のボールを投げることができるのか、ということをデータとして知ることができる。例えば調子が良い時と悪い時というのは必ずフォームに違いがあるのだが、以前であればその違いを筆者のようなプロコーチが経験を生かして短時間(短時間といっても映像を何時間も何時間も繰り返し見続ける)で見つけ出し、選手たちにデータを提供していた。だがこれらのソフトや機器があれば、そのような作業が一瞬で終わってしまい、筆者のようなパーソナルコーチが行っていた分析作業は必要がなくなる。

とは言えパーソナルコーチが不要になることはない。パーソナルコーチは、選手からいつ何を質問されても良いように、野球に必要な知識を常時頭の中でアップデートし続けておく必要がある。この作業ばかりは選手との会話や、フォームや試合を見る中で提供していかなければならず、まだしばらくの間は機械に仕事を奪われることはなさそうだ。しかし10年後どうなっているのかは分からず、少なくとも頭の中をアップデートし続けられないコーチはあっという間に淘汰されていくだろう。

今ライオンズに必要なのは経験豊富なコーディネイター

数年前までは、西武球団は老朽化が著しい球団として見られていた。それを理由にライオンズを去っていった選手もいると聞く。だが今ではトラックマンやNTTコミュニケーションズの動作分析ソフト、さらには個人で所有されているラプソードなど、まさに時代の最先端を走っているように見える。NTTコミュニケーションズのソフトとトラックマンのデータを活用できるコーチを育成、もしくは招聘することができれば、ライオンズでは入団した全員を一流選手に育て上げることも不可能ではなくなるかもしれない。

科学がすべてとは思わない。科学は非常に重要な要素であるわけだが、しかし実際にプレーするのは生身の人間だ。科学を取り込めば万事OKということはなく、重要なのは科学を上手く選手に落とし込めるコーチの存在だろう。そのようなコーチがライオンズにいるとはまだ思えない。西口文也コーチにしても、豊田清コーチにしても、バイオメカニクスを理解し切ってはいないはずだ。残念ながらバイオメカニクスというのは、プロ野球のコーチをしながら身につけられるような簡単なものではない。球団でコーチをしながら勉強をして身につけるにしても、5年10年という年月が必要になるはずだ。

そういう意味では、せっかくのトラックマンや動作分析ソフトをもっと選手にとってのプラス材料にすることができる専門家の存在がライオンズには必要だ。例えば西武球団はDriveline Baseballと繋がっているのだから、そこから専門家を派遣してもらうという手もある。Drivelineのコーディネイターたちはすでにラプソードや動作分析ソフトを使いこなしている。そのような専門家の力を借りれば、今シーズン中からでもデータを活かすことができるはずだ。

※ コーディネイター:バイオメカニクスの観点から選手の動作分析と動作改善を行なっていく専門家

そしてコーディネイターの力を借りてデータを上手く選手に落とし込めるようになれば、「ライオンズに入団すれば誰でも一流になれる」という印象をアマチュアから持たれる球団になっていくこともできる。そうすればドラフト戦略でも優位になり、ライオンズに入りたい、ライオンズに入れたいと思うアマチュア選手、親御さん、指導者も増えていくはずだ。そしてドラフト戦略が上手くいくシーズンが続いていけば、他球団のように補強に大金を注ぎ込まなくても、次々と良い選手を2軍から1軍に送り込めるようになる。そしてその状況こそが今、渡辺久信GMが見据えるライオンズの近未来なのではないだろうかと、筆者は密かに予想しているのである。

20210314.jpg

1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
西武 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0
オリックス 0 0 0 1 1 0 3 0 × 5 4 0

【継投】
平井克典吉川光夫〜田村伊知郎〜伊藤翔

西口コーチのプレッシャーを見事糧にした平井克典投手

約2週間後の開幕戦の予行練習とも呼べた今日のバファローズ戦、先発マウンドに登ったのは平井克典投手だった。結果から言うと3イニングスを41球、被安打0とほぼ完璧な内容で投げ終えた。今日の好投により、平井投手は開幕3戦目のオリックス戦に先発することが内定した。

これだけの好投を見せても3イニングスだけで投げ終えたというのは、やはり開幕カードに向けて相手に手の内を見せないためだったのだろう。これがもしセ・リーグが相手だったら平井投手も5〜6イニングスを投げていたと思う。なおこの登板後、平井投手は完投を想定してブルペンで70球ほどを投げ込んだようだ。

今日の平井投手は本当に失投が少なかった。41球中、甘いと思われたのはジョーンズ選手に対する2球と、佐野選手への1球、真ん中にスーッと入ってしまった甘いボールは合わせて3球のみだった。それ以外のボールはツーレーンピッチャーらしく内外のゾーンを上手く使い、ツーシームとシュート系のボールでバットの芯を上手く外していった。

これだけ安定した制球力を維持できれば、シーズンでも大崩れすることはないだろう。あとは先発し続けて溜まっていく疲労さえコントロールできれば、シーズンを通して活躍し続けることができるはずだ。

二番手としてマウンドに登るのが吉川光夫投手だったことは、平井投手自身登板前から知っていたのではないだろうか。西口文也投手コーチからすると「ちょっとでも変なピッチングをしたらすぐに吉川と入れ替える」という無言のプレッシャーを平井投手に与えたかったのだろう。そして平井投手もそのプレッシャーを糧にし、本当に素晴らしいピッチングを見せてくれた。今日のピッチングは、まさにシーズンにとっておきたいような素晴らしい内容だった。

今年のバファローズは簡単にはBクラスには沈まないだろう

平井投手が素晴らしいピッチングを披露した反面、打撃陣は僅か1安打で零封されてしまった。しかしこの結果はさほど心配すべきものではないだろう。まずバファローズは、中嶋聡監督が9イニングスで10投手を注ぎ込む奇策を見せてきた。このような戦術はシーズンでもまず見られるものではなく、まるで仰木マジックを継承したかのような采配ぶりだった。

野球は、どれだけ相手が嫌がる野球をできるかで勝敗が決まることが多く、少しでも相手の嫌がる戦術を敷くことは監督としてのセオリーだ。そういう意味では中嶋監督は勝利に執着した非常に素晴らしい戦術を見せてきたと思う。辻発彦監督もこの中嶋監督の戦術には明らかに嫌そうな表情を見せていた。

オリックスの名の下で最後に優勝したのは1996年だ。もう四半世紀も前の話だ。オリックスというチームはそれほど優勝から遠ざかっているわけだが、今年のオリックスバファローズは、今までのようにはいかないだろう。簡単にBクラスに沈んでいるようなチームではもうないように見える。中嶋監督がこの短期間でチームの雰囲気をガラリと変え、今までの負け癖もすでに払拭されているように感じられる。

ちなみにバファローズは10人の継投を見せてきたわけだが、試合はなんと2時間27分で終わっている。多すぎるピッチャー交代が試合時間を無益に引き伸ばしているとも言われているわけだが、今日のように1イニング1投手による継投であれば、何人投手を注ぎ込んでも試合時間が伸びるわけではないということが証明された。

逆に継投がなくても、リズムが悪いピッチャーが投げていれば試合時間はどんどん伸びていくし、見ていて疲れるゲームになってしまうケースも多い。そういう意味では中嶋監督は非常に引き締まった戦い方を見せてくれた。だが今日のような継投をレギュラーシーズンで見せることはほぼないだろう。恐らく今日の継投は、開幕カードの対戦相手に手の内は見せないという意味での継投だったはずだ。

監督6人全員が魅力を持つ今季のパ・リーグ

筆者は西武ファンであるわけだが、今年のバファローズの戦い方には実にワクワクさせられている。それはもちろん、かつてライオンズで松坂大輔投手の女房役を務めていた中嶋聡監督が見事な采配を見せてくれているからだ。相手チームの嫌がる野球をやるというのは、まさに故仰木彬監督や、東尾修監督の下で学んだ野球なのではないだろうか。

ちなみに「仰木マジック」という言葉は、「三原魔術」を文字った言葉だ。筆者が最も尊敬している野球人は三原脩監督と渡辺久信GMであるわけだが、その三原監督の采配の妙は「三原魔術」と呼ばれ他球団から恐れられていた。だが当の三原監督自身は「魔術師」と呼ばれることをひどく嫌がっていたらしい。

三原監督の下で野球を学んだ仰木監督(現役時代はライオンズ)の教えを受けた中嶋監督、森・野村・落合という名将の下で帝王学を学んだ辻監督、三原脩監督を師と仰ぐ栗山英樹監督、野村克也監督の教え子である石井一久監督、王監督の下で帝王学を身につけた工藤公康監督と井口資仁監督。今季のパ・リーグの監督たちは本当に魅力溢れる人物ばかりだ。

野球は選手がするものだが、しかし監督によってチームがガラリと変わることも事実だ。今季はバファローズが非常に面白い戦いを見せてくれそうな雰囲気があるだけに、パ・リーグのレギュラーシーズンは非常に中身の濃い143試合となるのではないだろうか。筆者はもちろんライオンズファンであるわけだが、しかし他球団の監督たちがどのような野球を見せてくれるのかも、今季は例年以上に楽しみにしていきたい。

20210205a.jpg

打者のタイミングを狂わせる平井投手の左脚

昨季まではブルペンの主戦投手で、2019年にはプロ野球歴代2位の年間81試合登板も果たした平井克典投手が、今季からは本格的に先発転向することが決まっている。そのため自主トレでも現在行われている春季キャンプでも、平井投手は先発投手としての調整を続けている。

平井投手は、ロースリークォーターからスライダーやシュートを投げ分けるツーレーンピッチャーという特徴を持ち、チェンジアップやフォークボールも投げ、ストレートも150km/h近い球速を投げることができる。非常にバランスの取れたピッチャーだと思う。今年30歳になるという年齢を考えれば、より長く現役を続けるためには先発転向は今後の大きなプラスになるだろう。

平井投手の最大の武器は精度の高いスライダーになるわけだが、かと言って現役時代の西口文也投手のような魔球と呼ばれるほどのスライダーではない。非常に良いスライダーを投げていることに違いはないわけだが、しかし誰もが驚くようなボールを持っているわけではない。

打者目線から平井投手が打ちにくく見えるのは、並進運動時の左脚の使い方ではないだろうか。左脚の使い方が特徴的で、この動きによって腕がワンテンポ遅れて出てくるように見え、そこでタイミングを狂わされてしまう。

平井克典投手によって増える先発陣のバリエーション

ライオンズには現在高橋光成投手今井達也投手松本航投手という勢いのあるボールを投げられる先発投手が揃っているわけだが、ここに平井投手というツーレーンピッチャーが加わることにより、先発ローテーションのバリエーションを増やすことができる。つまり対戦相手の目線を変えることができるということだ。

3連戦を巧く戦うためには、やはり相手打線の目線を変えることが重要になってくる。要するに6人の先発投手で緩急をつけるということだ。例えば松本投手の勢いのあるボールをさらに速く見せるためには、ローテーションの間に技巧派である平井投手やニール投手を挟むことにより、松本投手のボールをより速く見せられるようになるというわけだ。

逆に力で押すタイプのピッチャーの後に平井投手が先発して来れば、相手打線はツーレーンピッチャーのテクニックに翻弄されやすくなる。このように先発6人にバリエーションを持たせることは、3連戦を巧く戦うためには非常に重要になってくる。

例えば黄金時代で言えば速球派の渡辺久信投手と郭泰源投手、左腕工藤公康投手、ツーレーンピッチャー東尾修投手、アンダーハンドスローの松沼博久投手と、とにかくバリエーションに富んだ先発投手陣が揃っていた。

今季のライオンズで言えば勢いのあるボールを投げられる三本柱を中心に、ツーレーンピッチャーである平井投手、グラウンドボーラーのニール投手、左腕ダーモディ投手、さらにはここにアンダーハンドスローの與座海人投手が加わって来れば、ローテーション内のバリエーションが増え、それぞれの特徴がそれぞれに相乗効果を与えられるようになる。

そういう意味でも円熟味を帯びてきている平井投手というツーレーンピッチャーの存在は非常に大きい。

共通点が多い平井克典投手と攝津正投手

リリーバーから先発転向して成功した例を挙げると、ホークスの攝津正投手の存在がある。攝津投手は残念ながら今は白血病を患い闘病生活を送っているわけだが、とにかく一日でも早く完治されて、また野球界に戻ってきてもらいたいと願いばかりだ。

平井投手の場合、攝津投手をロールモデルとして参考にできる点が多いと思う。ストレートの球速もふたりは非常に近いし、攝津投手もシンカーとスライダーを投げ分けるツーレーンピッチャーだった。そして社会人野球からのドラフト5位入団という経緯も同じだ。

平井投手と攝津投手に個人的な接点があるようには見えないが、しかし筆者個人としては平井投手には、29歳でリリーフから先発に転向して沢村賞まで獲った攝津投手のようになってもらいたい。ちなみに29歳になるシーズンで先発に挑戦したという経緯もふたりは同じだ。

辻発彦監督は今季が監督5年目となるわけだが、過去4年間と比べると今年が最も投手陣が整備されているように感じられる。今までは打ち勝つ野球をするしかなかったわけだが、今季は投手力によって勝てる試合も増えてくるのではないだろうか。

そのためにも平井投手には第二の攝津正になれるよう、昨年8月20日に見せてくれた5回2安打無失点というようなピッチングを、今季も見せ続けてもらいたい。ちなみに素晴らしいピッチングを見せてくれたこの試合は、平井投手にとってはプロ初の予告を受けた先発登板だった。

その時の緊張感を持って投げ続けることができれば、今季いきなり10勝以上をマークすることだって十分に可能だろう。今季こそは投手力で優勝できるように、平井投手にはその円熟味を生かして若き三本柱を盛り立てるピッチングを披露してもらいたい!